菅原文太実はモデル出身!亡くなる前の最後の願いとは!?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

昭和の厳しい時代に映画で活躍

昭和男の象徴である菅原文太さん。

もう亡くなられて一周忌になります。

『仁義なき戦い』シリーズや

『トラック野郎』シリーズで

一世を風靡しました!

 

私も戦後の厳しさを知りませんが、

今の若い方は想像出来ないですよね。

 

子供の頃に見た映画で

菅原文太さんの優しくて強い

イメージに憧れました。

 

『仁義なき戦い』シリーズでは

親の為に戦いながら裏切られ

憤りを爆発させる若者の怒りを

表現しています。

 

『トラック野郎』シリーズでは

恋焦がれる女性に振られながらも

その気持を成就させる為に

トラックを走らせる男らしさを

演じていました。

 

戦後の厳しい時代に映画を通して

日本に勇気を与えてくれた名優です。

 

あの時代の俳優の皆様は

個性派ぞろいのつわものばかりでした(汗)

松方弘樹さん、梅宮辰夫さん、小林旭さん

小林稔侍さん、金子信雄さん、愛川欽也さんなど

今では伝説の方ばかりです。


スポンサードリンク


実はモデル出身!?

jingi

そんなメンバーの中でも一番強いイメージで

演技を全うした菅原文太さんですが、

実はモデル出身なのです。

モデルのイメージと年齢を重ねられてからの

活躍を見ると本当はかなり優しく思いやりの

ある性格だと感じます。

model

モデルになって活躍するまでは

何と・・・今では有名な

劇団四季の一期生として多数の作品に

端役として出演しました。

その後、映画会社からスカウトされ

銀幕デビューを果たすのです。

 

それでも任侠映画で頭角を表わすまで

まだまだ苦労をされたそうです。

 

 

どうしても辛い過去とは

そんな菅原文太さんですが、

どうしても忘れる事が出来ない

過去の出来事があります。

 

それは息子さんである俳優の

菅原加織さんの事故死です。

 

線路での事後だったそうですが、

当時加織さんに悩みがあったそうで

それを助けてあげられなかった事が

よりショックだったのでしょう。

 

 

晩年の活動は有機農業!

奥様の趣味につられて農業を

始めたそうですが、かなりはまった

そうです。

そして有機農業は利益が出にくく

手間がかかるので挫折も多い

そうですが、役者の頃の苦労に慣れて

いる菅原文太さんには超えられない

壁ではなかったのでしょう!

それどころか役者よりも

面白いとコメントをしているくらい

です!?

菅原文太 最後の言葉とは!?

そんな文太さんの話題になっている

最後の言葉とはなんでしょうか?

 

その前にその生い立ちを紹介します。

菅原文太さんの子供の頃は

戦争真っ只中でした。

そして多くの大人が戦況を

知りながら日本の有利を

話す中、文太少年も日本の勝利を

信じていたのです。

 

しかし結果は日本の敗戦を

ラジオで知ることになるのです。

 

それまで知り合いが戦地へ向かい

帰って来ない事でさえ仕方がないと

感じた命の尊さへの麻痺を後悔して

開戦へ向かったリーダー達へ

怒りを覚えたそうです。

 

そして今の日本にもそうした危機感を

感じていた菅原文太さんが最後に残した

政治へのメッセージは・・・

「国民を飢えさせない事」

「安全なものを食べさせる事」

そして一番大切な事として

「戦争だけはしちゃいかん」

 

昭和を駆け抜け抜けた

男の中の男である

菅原文太さんの最後の

メッセージをしっかりと

受け止めて無駄にしたく

ないと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。