大島優子が下ネタ連発!?森山中の大島美幸とシンクロ!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

大島優子

 

大島優子さんAKBを卒業してからもドラマや

映画に活躍をされていますよね。

 

大島優子ハーフで運動神経抜群!?

子役からの夢は結婚だった?

 

そんな大島優子さんが舞台に挑戦します!

「美幸-アンコンディショナルラブ-」

鈴木おさむさんが作、演出を手掛けます。

 

大島さんは1988年10月17日生まれの27歳(2016年現在)。栃木県出身で血液型はB型です。8歳の頃から劇団に所属して、子役として活躍していました。第二期AKBオーディションに合格してAKBの主力メンバーとして現在のAKBの人気を築き上げました。

 

AKB総選挙での前田敦子さんとの熾烈な争いが

思い出されます。

 

 

 

kintaro

「AKBの事は嫌いにならないで&%$#しゃ~」

 

お約束のキンタローさんです。

 

 

初舞台なの!?

 

大島優子さんは舞台に対する恐怖が大きかった

そうですが、今回が初舞台だったのでしょうか?

 

AKB時代の恩師、秋元康さんから

「ムリをしろ、負荷をかけないと成長しない」

と教わった事を思い出して今回の舞台に臨んだ

そうですが、実は舞台は2回目の出演でした。

 

初舞台は稲垣吾郎さんと共演した舞台

「No.9-不滅の旋律-」でした。

しかもこの時の観客の感想がかなり好評で

感動したとか圧倒されたとか凄かったとか

初舞台とは思えない声ばかりでした。

 

こんなに大成功したのに舞台に立つのが恐かった

なんて不思議ですね。大島さんらしくない!

 

「これが大島優子の・・・

 

 

 

 

 

 

yuip

 

やり方か~!」

 

これも一回使ってみたかったんです。


スポンサードリンク





 

森山中とシンクロ

 

今回の舞台の作、演出は鈴木おさむさんですが

鈴木さんはお笑い芸人森山中の大島美幸さんの

旦那様です。

 

そして今回の原作も大島美幸さんの体験した

壮絶なイジメを基にしたフィクションであり

鈴木おさむさん役を演じるのは俳優の

鈴木浩介さんです。

 

大島美幸さんはそんな辛い過去を経験して

いらしたのですね。しかしあれだけ体を

張ったお笑いや旦那様との仲むつまじい様子

からは想像も出来ませんでした。

 

 

主演が鈴木浩介さん、大島優子さんで

 

演出が鈴木おさむさんで奥様が大島美幸さん。。

 

 

「私・・・

 

 

 

 

 

 

 

horikita

 

シンクロしました!」

 

 

鈴木おさむさん曰く名字が同じ理由で

キャスティングしたのではないそうですから

凄いシンクロ率です。

暴走モードに突入出来ます!

 

 

 

下ネタ連発!?

 

そして気になる大島優子さんの見所は

役柄の美幸がつけている日記に書かれた言葉が

かなり際どいそうで、大島さん自身は人生で

一度しか言わないほどの言葉だったみたいです。

 

鈴木おさむさんの説明ではコンビニの

雑誌コーナーにあるアダルト雑誌を見たら

書いてあるそうです。

 

大島さんもその2文字、3文字に衝撃を受けたと

語っていますから、舞台で聞けると思うと

ドキドキしますね。

 

 

まとめ

大島優子さんが二度目の舞台に挑戦します。

今回は原作とキャストの名字がシンクロする

という運命めいた舞台となります。

 

その舞台で大島さんは人生で言うことの

なかった際どい台詞を発する予定です。

これでまた舞台が恐くならないように

祈るばかりですね。


スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。