ビートたけしが美女を監視!西島秀俊が嫉妬でストーカー!?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

ビートたけし

 

知らない方はいないですよね。

ビートたけしさん

 

映画監督としては世界の北野として有名です。

 

「ダンカン馬鹿野郎!」

って本当は言った事ないそうです(驚)

 

松村邦洋さんのモノマネが強烈で皆が本当に

言ったかのように錯覚してしまいました。

matumura

「ダンカン馬鹿野郎!」

もういいですよね。

 

 

ビーとたけしさんは1947年生まれの69歳(2016年現在)。東京都出身で血液型はO型です。

 

浅草での修業時代の話や漫才ブームの到来

「ひょうきん族」「元気が出るテレビ」など

ビートたけしさんのヒストリーには伝説が山盛り

なのです。

 

特に大きな出来事だったのは・・・

フライデー襲撃事件とバイク事故ですね。

今の若い子は知らない方も多いでしょうが、

調べれば直ぐ出てくるぐらい有名な事件でした。

 

そんなたけしさんが美女を監視しているのです。

この話は後半に続きます。

 

 

西島秀俊

nisijima

 

西島秀俊さんかっこいいですよね。

日本のトム・クルーズと言われています。

 

西島さんは1971年3月29日生まれの44歳です(2016年現在)。東京都出身で血液型はA型です。

2015年は「流星ワゴン」「無痛~診える眼」

主演しました。どちらも話題になりましたよね。

 

そんな西島さんはビートたけしさんの大ファン

だそうで、北野作品の主演も務めています。

 

役柄に合わせて、痩せたり太ったり、筋肉を

つけたりと体型を変えるのが得意だそうです。

 

俳優さんは結構、こういうタイプがいらっしゃい

ますよね。役者魂なのでしょう。

 

西島さんがビートたけしさんのファン過ぎて

ストーカーになってしまったのでしょうか?


スポンサードリンク





美女を監視やストーカー!?

 

今回のネタはもうお気づきのように

ビートたけしさんと西島秀俊さんが共演する

映画「女が眠る時」のお話でした。

 

ビートたけしさん演じる初老の男性が美女を

毎晩撮影して記録していくのです。

その若い美女役は忽那汐里さんです。

 

kutuna

こんな美女なら誰でも記録したくなります。

 

「あの子の最後の日を記録しようと思って」

この台詞が今回のポイントになるようです。

 

その二人の関係が気になってしまった

作家の役を西島さんが演じています。

 

そして部屋に忍び込むほどのストーカーに

なってしまうのです。

 

こんな危険な関係が重複しているストーリーを

誰が考えたのでしょう。この映画の原作は

ハビエル・マリアスさんの短編小説です。

 

そして映画の監督はウェイン・ワンさんです。

出演者の意見を聞きながらの撮影だったそうで

ビートたけしさんもかなりの見を出しました。

 

ビートたけしさんが自身の映画以外に出演を

するのは「血と骨」以来12年ぶりだそうです。

 

 

まとめ

ビートたけしさんが美女を監視している

訳でもありませんし、西島秀俊さんが

大ファンであるたけしさんをストーカーして

いる訳でもありませんでした。

今回の話は2016年2月に公開予定の映画

「女が眠る時」の内容の記事でした。


スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。