萩原健一の伝説!演技派俳優の危険な過去とは!?

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

萩原健一

 

萩原健一さんご存知ですか?

最近の若い方はあまり知らない方も多いのでは

ないでしょうか?

 

今回「ダウンタウンなう」に出演するそうで

ダウンタウンとの共演が楽しみですね。

 

萩原健一さんは1950年7月26日生まれの65歳(2016年現在)。埼玉県出身で血液型はO型です。元ザ・テンプターズ、PYGのリードボーカルでした。実力ある俳優であり、歌手です。数々のヒットドラマに出演し、ヒット曲も多数のカリスマ的存在です。

 

ザ・テンプターズはザ・スパイダースの弟分とし

てデビューしました。

 

スパイダースのボーカルは堺正章さんです。

 

sakai

星みっつ!!

 

 

個人的には堺正章さんの活躍にも楽しませて

貰っています。

 

 

gokuu

 

特に「西遊記」で演じた孫悟空はハマリ役でした。

 

話を萩原健一さんに戻すと「神様お願い!」

「エメラルドの伝説」などヒット曲を出します。

 

 

ソロデビューしてからも「大阪で生まれた女」

日本を代表する名曲を出します。

 

 

大阪で~生まれた~ぁ女やさかい♪

思わず口ずさんでしまいます。。。

 

 

 

 

数々の伝説

 

国民的刑事ドラマ「太陽に吠えろ」に出演する際

「タイトルが田舎くさくて出たくなかった」など

若手が言ってはいけない台詞を言ってのけます。

 

お決まりのあだ名も「坊や」から「マカロニ」

変更させたり、衣装も自分で決める事が条件に

出演を決めたそうです。

 

さらにマカロニ刑事の最後のシーンは小便中に

強盗に刺されるという犬死だったのですが

このシーンも萩原さんの提案だったのです。

 

萩原さんは最初の奥様である小泉一十三さんと

離婚した際、娘の養育費を払う為にぬいぐるみを

着るアルバイトをやったそうです。

三ヶ月間休まずに働いて一回も滞らせなかった

のです。

 


スポンサードリンク





演技派俳優

 

萩原健一さんは演技としても知られています。

あの名優の前田吟さんも影響を受けたと語って

います。

 

maeda

 

「兄さん!」

「男はつらいよ」での博役が思い出されます。

 

 

 

さらに映画監督の長谷川和彦さんもショーケンの

演技は引き出しが5個も6個も出てくる格が違う

と絶賛しました。

 

そんな演技で「傷だらけの天使」「八つ墓村」

名作を残しています。

 

syoken

 

歌手から役者へ転向したのに、俳優さんや監督に

これだけ評価されるなんて凄いですよね。

 

 

 

危険な過去

 

しかしそんな萩原さんですが、かなり危険な過去

があるのです。。。

 

1983年04月 自宅マンションで大麻使用。懲役1年、執行猶予3年。
1985年12月 フライデー記者に暴行。告訴されるも不起訴処分。
2004年10月 車でバイク男性をはね、重傷負わせる。業務上過失致傷で現行犯逮捕。
2005年02月 映画出演料めぐる恐喝未遂で逮捕。

 

そうとう破天荒ですよね(汗)

 

破天荒と言えば平成ノブシコブシの吉村さん

ですが、萩原さんには敵いませよね。

 

yosimura

 

そりゃそうでしょう!

 

 

現在はモデルの冨田リカさんと三度目の結婚を

されてメリーゴーラウンドのようなゆっくりした

人生を歩んでいるそうです。

 

 

 

まとめ

 

萩原健一さんは歌手としてもヒットを飛ばし

役者としても高評価を得る名優です。

私生活ではやや破天荒な汚点もあるようですが、

現在は落ち着いた生活を送っているようです。

今後もテレビ出演も増えると良いですね!

今回はおふざけが少なかったので、次回はまた

おいちょ路線でお届けしますね。


スポンサードリンク

script src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js” async=””>



<

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。